*

キャッシュバックでの現金化

現金化には2種類あるということをご存知でしょうか。一つは購入した商品を買い取ってもらうパターンと、もう一つはキャッシュバックのパターンです。商品買取型は、単純に買ったものを売るという行為になるので法律的にはそんなに問題がないという見解がほとんどです。まぁ実際にはグレーゾーンという人が多いのですが。そしてキャッシュバックのパターンでは、出資法違反に該当するということでここ数年では警察によって摘発されている業者も多いようです。 

 

キャッシュバックのパターンを行っている業者は、その業者が自分の会社でクレジット決済ができるようなシステムを持っています。そしてその会社自体でオリジナルの商品を販売しているのです。その商品をクレジットカードで購入すると、購入した金額の80%をキャッシュバックしますよなどという感じです。商品とは言ってもその辺で手に入るような安物や胡散臭い商品ですが、実際にカードでの決済をすることができれば担雨ユンにその業者にはその金額の売り上げが入ります。手数料を差し引いた金額を利用者に渡せばキャッシュバックの現金化が成り立つというわけです。

 

中にはそう言った商品さえもない状態で、空決済をおこなっているというところも多いようです。キャッシュバックでの現金化は換金率こそそこそこ高いものの、やはり支払い金額の方が上回る事には間違いありません。カード利用の利息が付くことも考えると、クレジットカード現金化はいろいろ考えて実行した方がいいかもしれません。

タグ :


コメントする